人生 健康が一番!

日夜 マラソン 剣道に励み 整体 マッサージを行っています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) |
2014年6月5日 中日新聞より

ドイツ

1986年の旧ソ連チェルノブイリ原発事故で反原発の意識が国民に浸透。
中道左派のシュレーダー政権は2000年、原発の段階的な閉鎖で電力業界と合意。
2002年の法改正で2022年ごろまでの全原発停止を決めた。
2009年誕生の中道右派メルケル政権は産業界の要請で停止時期を12年先延ばしたが、福島原発事故を受け、2022年末までの全原発停止を2011年6月に閣議決定した。

それから まる3年が経った現在、電気料金の上昇など課題も多いが、原発の代わりになる再生可能エネルギーの伸びは順調で、再生エネルギーの総発電量は全体の24%にそだった。
原子力の割合は15%。

民意の力は政治をも動かす。

ドイツをお手本に
原発頼りの構図から再生可能エネルギーへの道を築き上げていきたいものである。
スポンサーサイト
『数ヶ月以内にペテルギウスが爆発、二つの太陽が地球を照らす』こんな話が、今ネット上で話題になっているらしい。

★ オリオン座
冬の星座として、三ツ星で有名なオリオン座
星座は 昔の人が肉眼で見えた星を線で繋いだだけで、その星は同じ距離ではない。
最も近い星は17光年、最も遠い星は1500光年。100倍も距離が違う星を一つの絵にしただけ。
知らなかった~(^∇^)

★ ペテルギウス
オリオン座の左上の明るい星がペテルギウス。
距離は642光年。星しては割と近い方。大きさは太陽の1000倍で、私たちの太陽の位置にあったなら木星まで飲み込む大きさだとか。
なぜ、これほど巨大なのかは星は最終段階では核融合が進み、高温になり膨張する場合があり、それを赤色巨星といい、この状態に入ると大きく膨らませた風船と同じで、いつ爆発するかわからない。

★ 新星(超新星)爆発
その爆発のことを超新星爆発という。
夜空に突然輝くので、昔は『星が生まれた』と考えて『新星』と名がついたが、これは星の誕生ではなく星の最後らしい。
特に明るい新星を超新星という。
記録に残っている最も明るいのは 1006年のおおかみ座の超新星(-9等星)、1054年おうし座の超新星(-6等星)で、はじめの数十日はどんどん明るくなり、太陽 10億個分のエネルギーを放出し、その後数ヶ月かけて見えなくなる。
これらの超新星は7000光年の遠方だったが、もし、距離が近い(5~10光年)なら、太陽以上に輝き、太陽以上のガンマー線が地球を襲い、生物は全滅するそうです。

★ ペテルギウスの爆発は壮大なパノラマ

ペテルギウスは 赤色巨星だから、いつ爆発するかわからないが、距離は642光年だから、太陽以上に輝くこともないし、地球を滅ぼすこともない。
明るさ?は計算上 -9等星になることから、夜空の大パノラマだ。

満月( -12等星)より暗いが、夜空で最も明るい星シリウス(-1等星)より1000倍以上明るいから、見られたらラッキー???

距離が642光年だから、見れた時よりも642年前に星が爆発したことになる。

私たちの太陽は、生まれて 46億年、寿命は100億年。
新星爆発するには太陽の8倍以上の質量が必要とのことだから、太陽は晩年高温になり膨張するが(太陽から近い水星、金星、地球は飲み込む)、爆発せずに終焉をむかえるとのこと。

地球は太陽に飲み込まれる前に、水分も大気もなくなり砂漠の星、死の惑星になる。しかし、それすら数十億年先のことであり心配には及ばない。
むしろ、人類は今のような愚かなこと(核開発?地球温暖化?オゾン層破壊?戦争などなど)を続ける限り、とっくに自滅、自爆、絶滅していることでしょう。

★ 宇宙とは

私たちの太陽は銀河星団の一つの恒星だが、銀河星団には2000億個の恒星があり、その殆どは太陽系のように多くの惑星がある。
この宇宙にはこのような巨大な星団や星雲が2000億個くらい存在すると考えられている。
アンドロメダ星雲もマゼラン星雲も、私たちと同じような巨大な銀河星団なのだ。
宇宙には太陽のような恒星は2000億個??2000億個あり、恒星は各10~100個の惑星を引き連れているから、宇宙には10の25乗の惑星がある計算。

今まで、たいして
宇宙や星に興味があった訳でもないのだけど、なんとも、気の遠くなるよう数字に、自分の置かれた境地や悩みなどのちっぽけさを痛感させられる 壮大な話ではないでしょうか?

たまには こういうことにも興味をもち 調べてみることも大切かも?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。